情報

足裏は人体の縮図 そして僕の足裏

こんにちは♪
健康・体型・美肌のサポートをして20年目になるKIYOKO.です。

トータルヘルスケアハーブとは

毎日、たくさんのクライアント様にご来店いただき本当に感謝しています。
また、ご予約が取りにくくなっていますので、お早めにご連絡をいただければご希望に沿いやすい日時をご予約いただけます<(_ _)>

さて。

足裏の歴史は古く、古代エジプトでは4000年前の外科医のお墓の壁に足を揉んでいた絵が描かれています。

その後、西洋諸国や中国でリフレクソロジーの研究が進み今に至ります。

足裏には体の様々な器官や内臓とつながっているとされる、末梢神経の集中した個所である反射区が集まっています。
ですので、足裏は人体の縮図とみることができるといわれています。
その反射区を刺激することで、それに該当する器官や内臓の機能を回復させたり活性化させたりできるといわれています。

しかし、忙しい日常の中で、自分の足裏に注目しない方がほとんどだと思います。

自分で立てるようになる1歳頃から今まで、足裏は私たちの身体を支えてくれています。
そして、悲しくてトボトボ歩いていたこと、嬉しくて軽い足取りだったこと、足裏は全てを覚えていると言われています。

私たちを支え続けてくれた足裏、そして、これからも支えてくれる足裏に少しでも意識を向けていただき、ケアをしていただくきっかけになればとてもうれしく思います。

これから、具体的にお伝えしていこうと思います。

そして、アトムせんせい。

生後3か月の時の足裏だよ。
今でも肉球プルプルだから触りに来てね U^ェ^U

最後までお読みいただきありがとうございました。
皆様の毎日が健康で笑顔いっぱいでありますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です