情報

足裏と寒さ。

こんにちは、ウエルネス&ビューティー・コーチのKIYOKO.です♪
まだまだ寒い日が続いていますね((+_+))

寒くなってくると、クライアント様から、
「なんで寒いと身体が固くなるの?」
「寒いと肩こりがひどくなるのはなぜ?」
といったご質問をよくいただきます。

気温下がると、私達の身体は抹消血管を収縮させて体内の熱を逃がさないようにします。
すると筋肉への血流量が減り、筋肉の活動に必要な酸素量も減るため酸欠状態となり筋肉が固くなります。

また、身体の末端部へと伸びる末梢神経は、筋肉の間を通って伸びていくものもあります。
筋肉が固くなると、この抹消神経が圧迫を受けてダメージを受けることがあります。
それが痛みや痺れの原因になることもあります。

リフレクソロジー施術をさせていただくときは、まず、水素足湯をして足を温め血流をよくします。
そして、施術を始めますが、スタート時には固かった足裏が、だんだん柔らかくなっていって、終了時にはフカフカの柔らかさになります。

心臓から一番遠い足裏は寒さの影響をとても受けやすい場所ですから、寒い時はより丁寧にケアをするといいですよね。

うちの癒し犬アトムが丸まって寝ているときは寒い日です。
ストーブの前だから暖かいはずなんですが、、寒がりは私に似たのかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です