施術

足裏を揉む手 そして手に負ける時

こんにちは♪
ウエルネス&ビューティー・コーチのKIYOKO.です。
京王線千歳烏山(東京都世田谷区)にあるサロンで、リフレクソロジー(足裏マッサージ)の施術をさせていただいています。

突然ですが、、若い頃は手が大きくてゴツいのが悩みで、人前で手を出すのが恥ずかしかったんです。
女性ですから、小さな手で細くて奇麗な指に憧れました。

母がいないので小学一年生から家事をしていましたから、水仕事で手は荒れていたし。
10代の頃、初めてのデートの日、、、彼と手をつなぐ時でさえ、自分の手が恥ずかしかったことを覚えています (´;ω;`)

そして、人様の施術をさせていただくようになり、より厚い掌になり、太い指になりました(笑)
ですが、以前より掌は柔らかくスベスベになりました。


これは私の手です。

そして、去年、医療学会に参加されていた格闘家の大山峻護さんと撮らせていただいた写真。

私の拳の向きはおかしいですが、リフレクソロジストが一番使う人差し指の太さは負けてない、、気がする(笑)
そして、格闘家の大山峻護さんは本当に素敵な方でした!!!


私が施術している写真です。
施術は「イタ気持ちいい」の圧を心がけていますので、片足が終わる頃にはほとんどの方が眠っています。

「手当て」という言葉がありますよね。
子供がお腹が痛かったりすると、お母さんがお腹に手を当ててくれる。
すると、痛いのがなくなる、、、気がする。

愛情が込められた手には、そんな力があるのだと思います。
私も、その気持ちを込めて施術をさせていただいています。

手にコンプレックスがあった10代の私に、
「その大きな手が人様に喜んでいただける日が来るんだよ」
って教えてあげたいと、今は思います(*^-^*)

そして、アトムせんせいの手当ては凄いです。

テーブルの上に置いてあるオヤツが欲しくてたまらないアトムせんせいの熱い眼差しを無視し続ける私に、、、

私はこの手に負け、、アトムはこのあとオヤツをGETしました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です